クレカ使い過ぎ関係メモ

ブラックリストにのせるには

・クレジットカードの返済を3ヶ月延滞させる

・弁護士に介入してもらう

 

ブラックリストにのると

・5年クレジットカードが作れなくなる

 

 

◆生命保険の契約者変更と贈与税

・生命保険の契約者変更は贈与にあたる

・また契約者変更して戻したとしてもダブルで贈与税かかる可能性が

・平成30年1月1日から契約者変更の情報が税務署に行く

 

CICとJICCっていう信用機関がある

だいたいCICがクレカ系、JICCがサラ金

銀行のキャッシングはまた別だけど、銀行キャッシングの保証会社がだいたいサラ金だから、

三井住友ならプロミス、

三菱UFJならアコム

サラ金のほうで信用情報がわかれば借りれないはず、とのこと

 

◆クレジットカードとかサラ金使えないようにする制度がある

 

・貸付自粛

http://www.j-fsa.or.jp/personal/contact/way.php

・本人申告

http://www.cic.co.jp/declaration/index.html

 

 

成年後見人やってる人に会ってきた

昨日は、叔母さんの知り合いで、今現役で成年後見人やってる人に会ってきた。

 

Sさん→社会福祉士

Kさん→なんとか士とかではないけど、義理の姪が浪費癖だったらしく、面倒を見ていた。今も色んな人の成年後見人をしているらしい。

更に実の姉が統合失調症、義理の母が認知症だったらしい。

 

■Kさんの事例

義理の姪のMさんが浪費癖。

元々産後鬱で浪費癖になったらしい。その影響か、旦那さんはアル中になったりして離婚。

その後Mさんの子供が小学生の時にKさんが面倒をみることに。

とりあえず借金があったらしく、初めは周囲の人が工面してたらしい(後々わかったけど身内であっても工面する必要はなかった)

自己破産させる

成年後見人つける(後見までいかず補佐)

成年後見人はMさんの兄だったらしいけど、なんか色々あってMさん兄も離婚に追い込まれる。

実質Kさんが成年後見人的な役目を果たしたらしい。

通帳、口座管理して、毎週1週間分のお金をおろして渡すというのを5年くらい続けて良くなってきたらしい

 

そしてそこからもう10年くらい経つけどまあまあ平和になった模様

 

あと今日教えてもらったこと

■家族信託■

本人に債務がない状態で、家族信託に本人の資産を全部いれる

毎月いくらか引き落としにする

手元の現金以上に使ってしまってお金がなくなった場合は自己破産できる

 

らしい。

 

それなら残りのお金が無駄になりづらいかも。

手数料次第ではあるみたいだけど。

 

 

とりあえず今日聞いてオススメの方法だったのは

 

家族信託

自己破産

成年後見

 

て感じだった。

成年後見人はお金かかるし、1回始めたら基本一生続くから、金銭的にも結構きついと。なのでかなり最終手段。

 

今日もひとつ勉強になりました。

 

ママの引越し その後

ママはこの3連休、金曜の夜から実家に帰って荷物をしていたらしい。

で、昨日1人暮らしの家まで、パパの車で運んでもらった模様。

 

その途中で私んちに寄ってもらって、炊飯器とマットレスと折りたたみ机を譲った。

家バレしちゃったかなー。。

メンタルクリニック2回目

ママがちゃんと来てくれるか不安だったけど、今回は仕事帰りだからか早めに来てくれた。

 

区役所で自分で自立支援と精神障害者手帳の申請書類をもらってきたみたいで、書いてもらうようにおねがいしてた。

ひとつ進歩。

今日は前回よりしおらしかった。

 

ちなみに自立支援は、3割負担→1割負担になる。

手帳の使い道はまだよくわからない。

ちなみに書いてもらうのは有料。2つ合わせて2万ちょい。

 

帰りにママの新居へ。

まだ組み立てられてないニトリの物干しラックがあったから、組み立ててあげといた。

 

自分ちからも、あげられるものを持参。ドライヤーとかタオルとか。

 

なぜかパンツがないらしく、パンツも買ってあげた。。

 

結婚と離婚

先週、私達兄弟それぞれが婚姻届提出、

そのあと両親が離婚届提出完了。

 

子供の結婚記念日と離婚記念日を合わせてくるなんてなかなかネタを提供してくれる人達である。

 

離婚協議書にも捺印したらしい。

 

結局苗字は旧姓にすることにした模様。

 

結婚でも離婚でも苗字変わると色々と名義変更しないといけなくて大変なんだなーと実感。

 

f:id:popipopipopi:20160712225422j:image

 

 

 

 

成年後見人の無料相談

リーガルサポートってやつで、成年後見人について無料相談ができるってことで、予約してパパといってきた。

 

四谷駅の東京司法書士会館というところで。

f:id:popipopipopi:20160705122753p:image

 

どういう流れなのか、お金はどれくらいかかるかとか聞いて。

 

成年後見人制度は、財産が自分で管理できない人に、後見人て人がついて、財産を管理する制度。

後見人は身内でも専門職でもいいんだけど、裁判で決められる。成年後見人をつけるには病院の診断書とか必要。

f:id:popipopipopi:20160705121701j:image

色々段階があるらしく、うちのママだと、後見人までいかなくて、補助か保佐かな?みたいなかんじだった。

f:id:popipopipopi:20160705121714j:image

その病気が治るまで続くから、月々4万として、20年で1000万かかる計算。

 

うーん。

 

その人自身には、ママみたいな浪費癖のケースは経験したことないらしい。

 

気付いたら1時間経ってた。

とりあえず利用するかは保留で解散。

 

 

 

しらけ世代とさとり世代

パパとしゃべったとき。

「俺らの世代は、しらけ世代なんだよなー。無気力・無関心・無責任。本当そんなかんじなんだよなー。」

 

昔から若者にはそういう世代の名付け方があったんだなー。

 

しらけ世代の子供が、さとり世代って呼ばれるのもなんかわかる。

親のテンションが子供に受け継がれてる的な。

なんとなく社会に対して諦めてるというか。。

 

そしてこの無関心さが招いたこの結果。。

なんだなー。と思った1日。